読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東海・三重・四日市 いろいろあること 楽しいこと

三重県のこと 四日市市のことを中心に日々の暮らしを綴ります。ときどき旅の記録も書いています。

京都への旅 その5  大将軍商店街 妖怪ストリートを歩く

一条通りを歩く

f:id:youcha:20140225125842j:plain

晴明神社に別れを告げて、一条通りを歩きました。

目的は大将軍商店街です。

ここには妖怪ストリートという名前がついていて、各店舗には妖怪が住んでいるというのです。

いったいどんな妖怪がいるんだろう?

わくわくしながら歩きました。

 

一条通りは京都では由緒正しい大通りのはずです。

しかし、一方通行で自動車は一台しか通れない細さ。

歩く人も少なく、自転車が前からたまに走ってくるだけ。

後ろから車は来るものの。メインストリートにしては静かすぎる大通りでした。

しかし、通り沿いには住宅だけではなく、由緒ありそうな会社もあるのです。

京都らしいデザインの住宅も新築されています。

 

ちょっと異様に感じる場所もありました。

洋風の建売住宅がぎっしり並んでいるのです。

いったい前は何が建っていたのか疑問でした。

 

マンションの隅っこや住宅の角地に、古いお地蔵様や大日如来様が祭ってあるのは、いかにも京都らしい風情もありました。

 

ずんずん歩いて行くと、北野へ入ります。

北野天満宮の近くです。

その昔、市電が走っていた場所には記念の碑がありました。

古くからある商店街も軒を並べています。

 

そしてやっと、妖怪ストリートの旗が見えてきました。

約30分ほど歩いたかもしれません。

一条通りが大将軍商店街となり、妖怪ストリートに名前を変えた場所に入ったのです。

やれやれ…。

 

そう、やれやれと思いました。

迎えてくれた妖怪たちは、まったくもっておかしな妖怪です。

とぼけた顔をしています。

昼間ですから怖くありません。

たぶん、夜に遭遇したら怖いのでしょう。

手作り感満載の妖怪には、ユーモアは感じられますが、怖さはまるでないのです。

怖さを少々期待していたのですが・・・。

 

旅はいよいよ今回の目的地である大将軍八神社へ。